こんにちは、温(ぬっく)の玉川です。
昨日同じ資格を持つ菊池千佳さんと「病の人、支える人をいたわるアロマテラピー」講習会を行いました。
参加してくださった皆様ありがとうございました。

講習者は10人。改めて看護、介護にアロマテラピーを活かしたいと思っている人が多いことを実感しました。

現在看護や介護を行なっている人にとっては、様々な心身のストレスがかかっていることでしょう。
介護される側だけでなく、介護する側にとってもアロマテラピーができることは沢山あります。

香りを嗅ぐだけで、肌に触れるだけで、涙が出ることも。
それだけ疲れた心身を緩めてくれるのがアロマテラピーです。
薬ではできないことの一つではないでしょうか。

また、看護や介護を終えて、自分の喪失感を埋めるには時間がかかりますが、
自分の心が何かを求めた時には、アロマテラピーが役立つ時がくるかもしれません。
実際のところ、私が精油に触れ、アロマテラピーを知りたいと思ったのも、
父の看護が終わって1年ほど経ってからでした。

この回は、あと2回行いますが、現在キャンセル待ちとなっております。
残り2回の講習会は、1/17(水)、3/14(水)10:00-13:00です。
キャンセル待ちで希望の方は、こちらの詳細ページからか、メール、電話にてご連絡ください。