同じ、ナード・アロマテラピー協会のアロマ・インストラクターである菊池千佳さんと共に

命に寄りそうハーブとアロマテラピー講座を開きます。

テーマは2つ。「Baby〜Kid’sへ、すこやかに育む成長のためのお手伝い」と「病の人、支える人をいたわるアロマテラピー」です。

同じ先生にアロマテラピーを学んだこともあって、アロマテラピーに関しては、同じ思いを持っている二人です。(しかも強いの)

子供のためのアロマテラピーは、今まさに私も助けられている一人ですし、親のストレスケアとしても知って欲しいと思います。というか、知っていると「本当に助かるから!!」と声を大にして言いたい!

病の時のアロマテラピーは、私たちが広めたいと思っていることの大きな一つでもあります。

菊池千佳さんは看護師でもあるので、医療的な専門知識、経験知識も持ち合わせていて、私もいつも勉強になります。

私は、家族を亡くした時にアロマテラピーを知らなかったので、アロマテラピーを学んでからは、あの時知っていれば、、、と忸怩たる思いになったものです。

一人がアロマテラピーの手当てを知ることで、その家族がどれだけアロマテラピーに助けられるか。

その「手当てを知る一人」になってほしくて、この講座を開きます。

各3日行います。詳細は以下をごらんください。

Baby〜Kid’sへ、すこやかに育む成長のためのお手伝い

詳細はこちら

病の人、支える人をいたわるアロマテラピー

詳細はこちら

こんにちは。温の玉川です。

先日は、毎月恒例新月のワークショップを行いました。

新月の時は、願い事をすると良いということで

温では、その潜在意識にある自分の願いを引き出すワークショップです。

何も名称を言わずに、香りを嗅いでいただく。

香りそのものが、どう心に響くのか。

人それぞれで違うので、みんなでシェアできるのは楽しい時間でした。

店の前が通り沿いなので、ちょっとうるさいのが集中しづらいかもしれませんが、

内なる声に目を澄まし、耳を傾け、声を聴く時間になったなら幸いです。

 

新月の願い事、というと乙女の様ですが、

毎月1回、現状を見つめ、今の自分を振り返り、

今後どうしたいか、どうなりたいかを考える時間は貴重です。

考えて書き出すことで、イメージが具体化し、行動も変化していきます。

人間て、単純な部分もあって面白い。自分自身をプロデュースしていく感覚でしょうか。

生きているだけで十分だけど、でも成長もして生きたい。

どう生きるかは、自分自身の意志も必要ですよね。

やりたいこと、挑戦したいこと、抜け出したいこと、忘れたいこと、

そこに一歩踏み出したい、秋晴れに背中を押される様な日々です。

 

次回の新月のワークショップはこちらです。
ご希望の方は、ご連絡ください。
お問い合わせフォームはこちらから。申込も可能です。

10/19(木)10:00-11:30

11/17(金)10:00-11:30

11/18(土)10:00-11:30

12/18(月)10:00-11:30

昨日は、塩尻市主催講座「自分を大切にすることから始まる、幸せ毎日の作り方」を行いました。

今回のテーマは、「イライラをリセット! ネガティブな気持ちと上手に付き合おう」

おかげさまで、申し込みは定員の2倍以上となり、
塩尻市の計らいで、午前と午後2回に分けて行うことになりました。

午前中は、12名の方
午後は、6名の方が来て下さいました。(急遽だったので7名の方が参加できなかったようです)

みなさん、それぞれに悩みを抱えていて、
仕事でのこと、仕事と育児の両立、夫との関係、子供との関係、姑、親戚との関係、などなどなどなど
ああ、悩んでいるのは一人じゃないんだな、と
私も含め、分かち合えた時間になりました。

クラフトづくりの時間は、5種類の精油から好きな香りを選んで
リフレッシュスプレーを。
みなさん、ワイワイと楽しそう。
10滴の香りを選んで、腕いっぱいのハーブの花束がスプレーになりました。

最後のアロマワークでは、自分をいたわるという点に意識がいき
涙を流される方も。。。

って、私まで泣いてしまった!!

もう、不覚!主催者が泣くという。。。

自分の中ではありえない・・・と思ってドン引きなのだけれど。。

午後の参加者は皆さん60代の方でした。

その中の一人の方が、最後の感想をおっしゃってくれた時に

「私はずっと、仕事や家事や育児に追われて時間に追われて
自分をすり減らして生きてきたけれど、
こうして、自分をいたわる時間をきっかけに
これからは、また自分の時間を取り戻していきたい

とおっしゃってくださったのです。

その話を聞きながら、
私の母もそうだった、自分のことは後回しにして子供のこと、家族のことを優先してくれた、
そして先に旅立ってしまった、

私はそのことをきっかけに
自分を大切にする方法を、自分をケアする大切さを伝えたくて
アロマテラピーを伝えるお店を始めたんだ
ということを思い出し

何だか、まるで母が講座に来てくれたかのような気持ちになり。。

午前中の方々も、皆雨の中参加してくださって、
仕事で凹んでいたのに足を運んで来てくださった方、
道に迷いながらも何とか来てくださった方、
小さい子供を預けても参加してくださった方、
悩みを何とかしたくて来てくださった方、など

こうして縁あって来てくれた全ての人に本当にありがたいな、と
心から思った次第です。

母のことは、私の中では普段は全く意識していないけど
やっぱりすごく影響を受けているんだな。。。

臨床心理士の上間さんのお話も素敵でした。

子供との関係に悩んでいる方に

「子供さんは「母親のせいで・・・」と言っていても、それは本人が解決しなければならない問題。
母親としては、大きな愛で待っていれば大丈夫」

とおっしゃっていて、その方が何だか少し楽になったかのようなお顔をしていたのが印象的でした。

そう、他人との人間関係に悩むときは
相手を変えれらないからこそ

悩むことで自分自身を傷つけないように
もちろん相手もできれば傷つけないようにして

遠くに離れてみたり、流してみたり、しなやかな気持ちで
自分が過ごしていけるといいですよね。

今日は、私も改めて講習会をさせていただいたことに感謝する1日でした。
塩尻市、塩尻市役所の担当の荻上様、一緒に講座をしている上間様、
そして、参加してくださった方に改めて感謝申し上げます。

 

 

 

追伸
残り3回の講習会ですが、すでにキャンセル待ちの状況のようです。
ただ、希望者が多いので
もしかすると 塩尻市の計らいで、残りの回も午後の講座が行われるかもしれません。
午後の申し込み状況によっては、
私や上間さんのホームページで直前に参加者募集の告知があるかもしれません。
興味がある方は、是非チェックしてみてください。

残り3回は
11/15(水)居心地の良い空間づくりで幸せにーお家の状態と自分軸の意外な関連ー
1/27(土) 疲れた時のリフレッシュー上手な休みの作り方ー
3/9(金) 期待と不安を上手に生かそうー潜在意識に眠る新たな自分を導く方法ー

 

 

 

 

_

こんにちは。温の玉川です。

8月ももうすぐ終わろうとしています。
先週から幼稚園が始まったのに、子供たちは登園拒否気味になってしまい、
風邪っぽいのも加わって、ほとんど幼稚園に行ってくれなかった。。。
今週に入ってようやく落ち着きました。
これで、少しホッとできるかな。。

夏の終わりは、少し疲れも出やすいですよね。
子供も大人も一緒かもしれません。

そんな方のために、9、10月限定のワークショップは
「アプリコットオイルで作るマッサージオイル」 1,000円
「シアバターで作るリップクリーム」 500円
にします。

アプリコットオイルは、肌馴染みのとても良いトリートメントに優れたオイルです。
首のマッサージオイルとしてもとても人気があります。

シアバターは、これからの季節に欠かせない保湿力たっぷりのクリームです。
シアバターだけで作れるのは、暑すぎず寒すぎない今の季節だからこそ。

どうぞ、リラックスしに来てください。
良い香りを嗅ぎましょう。

先日
今日は髪の毛を切りに行くからね、と朝主人に念押ししておいたのに
寝る直前まで気付かず、
気づいた時に「しまった」という顔をして
「さっぱりしたね」
と言われました。

最近は口癖のように
「なんか、女の人って子供できるときつくなるよね、なんで?」
って聞いて来ます。

 

 

色々間違っていると思います。

 

最近は、クラリーセージの香りに癒されます。
クラリーセージの香りを嗅いでいると
心根の優しい女性、容姿の美しい女性でいたいなと思うのは何故なんだろう。
40代の女性の美しさについて、色々考えさせられるこの頃です。

 

 

 

 

 

 

_

こんにちは、温の玉川です。月曜日は新月のワークショップを行いました。

題して、「スピリットに響くアロマテラピー」

精油の名前を言わずに6種類の精油を嗅いでいただいて、いろいろな感想をシェアしながら自分だけのオリジナルオイルを作りました。

参加してくださった方から、なんとも素敵な感想をいただいたので、少し紹介させてください。

受講者の方からの感想ー

「香りからのメッセージ
私の中の情景やイメージを掻き立てる。
不思議で心地よくたのしい時間。

(中略)

今の自分の状態。
自分で気づいている、
気づいていなかった、
自分のココロ・カラダの事。

自分が求めている。
気づいていなかった自分。

香りから想起して、気付く、
自分、過去、未来。

香りに微睡む時間は夢現つ。

毎回、香りは私を違う世界へ飛ばしてくれる。

(中略)

楽しい‼️楽し過ぎる‼️✨(≧∀≦)

時間も場所も、時代も関係ない。
椅子に座ったまま出来る、
各(きっと)30秒(くらい)の
ステキで壮大な小旅行。

私はまた来月も、
その次もずっと、
トランクもパスポートも持たず、
壮大な小旅行を体験しに
【温(ぬっく)】さんへ行くのです(^-^)✨

1時間半で何箇所も行けるんです‼️✨(≧∀≦)
そして、
さらにその香りを持ち帰れるなんてっ💕
本当にしあわせ過ぎです✨(≧∀≦)
感謝です(´꒳`)💕

そうそう、
今日ブレンドした香りを嗅ぐと、
涙が溢れるのです。

何故でしょうか、、、

胸がいっぱいで、
そのいっぱいになった何かが、
目から涙となって溢れそうになるのです。

しばらく味わうと、
(最終的に)感謝の涙。

と、思いました。

(実際は、もしかしたら、刺激が強い香りが多いせいかも知れませんが・・・)

香りって、奥深く、味わい深く、
おもしろいですね(´꒳`)💕

香りには色も形もないから、
無限に自由な感じがして。

正解も
不正解もない。

香りのナビゲーターである、
玉川さんご自身が、

正解も不正解も作らずにいて下さる。香りから起こる全ての感情、考え、イメージを否定せずに聞いて下さるから叶う、

無条件に香りを味わい切る事の出来る空間。

形式が無いことが
これほど心地よさを感じれる・・・」

 

なんともありがたい言葉です。

なぜ、新月に自分自身の深層意識と向き合う講習会なのか。

なぜなら、新月は新しいことを始める、願いを考える絶好のタイミングだからです。

「願いを叶える」というと、あなたは何を考えますか?

何かをしたい、何かになりたい、と思うと同時に

 

「そんな資格はない」

「あれもこれも欲しいなんて厚かましい」

「自分はそんなことを手に入れるほど努力していない」

「人生はそんなにうまくいかない」

 

なんて、思ってしまう自分がいたりして。

でもそれって、自分の可能性を自分で否定していることになります。

あなたは、自分が好きと言えますか。

無意識に、自分を否定していませんか。

精油の香りが心に入ると、眠っているスピリットが呼び覚まされるようです。

否定していると気づいたら、その気持ちを解放して

本当の願いに気が付いたら、そこに意識を向ける。

実際、自分が考えている願いはなんだろう?と向き合うことは

結局は自分自身と向き合うことに他ならず

心の中にある、無意識に恐れているものと立ち向かうことになる。

結構大変な作業なのかもしれません。

なので、私自身も含め、誰かと一緒にこの時間を過ごすことで

心の成長になるような気がしています。

次回は9月19日(火) 10:00-から行います。2,000円です。
休日の希望があれば9月18日(月)18:00-から行います。

ご希望の方は、ご連絡ください。

 

 

 

 

 

_

こんにちは。温の玉川です。
夏休みも、もう終わりの方がほとんどですよね。
お子さんがいらっしゃる方は、お子さんの夏休みが終わってからが本当の夏休み、と言う方も多いかもしれません。
私の夏休みは、妹とその子供たちが遊びに来て賑やかな毎日になりました。
小学3年生の姪っ子は、最近とてもアロマテラピーに興味があるらしく、
来る前から精油に触れるのをとても楽しみにしていました。

それはどうやら一冊の本
あんびる やすこさんが書いた
「ハーブ魔女のふしぎなレシピ―魔法の庭ものがたり」に
夢中だからなのだそう。
練り香水を作りたいと、イランイランとサンダルウッドを持ち帰りました。

思い返せば、その頃は私もそう言う本が好きだったな。
10歳くらいの女の子って、一番「少女」感が強いですね。
繊細で、ロマンティックで、ふわふわワールドで暮らしていける。

そんな時期なんて、一瞬ですよね。
女性は年齢を重ねればみんな現実的になるし、
現実的になってロマンティック身に纏うんだからさ。

そうしたら昨日、やはり同じ本が大好きな少女がお店に来てくれて、
なんだかとってもまっすぐな目で見つめられたもんだから、
ちょっと恥ずかしくなってしまいました。

でも、小さいころから本物の香りに触れることはいいことだと思います。
精油に親しむと言うことだけではなく
レモンやオレンジの皮から出る爽やかな香り、
何かの草をかじった時の苦みや辛み、
花を握り潰すときに強くなる甘み、
などなど
日々香りに親しむことは外に出ればできますよね。
この頃の天気では雨の匂いもするし、
太陽に照らされた葉の匂いもする。

そんな香りに触れる瞬間には、年齢に関係なく誰もが少女になって
大きな自然の中に溶け込む自分を感じます。

 

 

 

 

 

_

暑い日々が続きますね。すっかり夏なんだなあ。
とはいえ、お店には、秋物の洋服が入ってきたりなんかして。
夏だなあ、なんて言ってられないですね。

毎日、寝苦しい日々が続きますね。
先日は、なんだかとっても眠れなくて
うろうろしてみたり
パソコンを開いてみたりしましたが
こんな時は、ハーブの力をかりたいものです。

ほんのわずかしか庭がない私の家では、ベランダの鉢植えでしかハーブを楽しめませんが、
ベランダにあることで、かえって気軽にハーブに触れ合うことができていて
これはこれで楽だなあと思っています。

毎日のようにワイルドロケットをむしゃむしゃ食べている私を真似て
どうやら食べれるらしい、と子供達もむしゃむしゃと食べています。
ミントはお茶になるのね、これは?これは猫じゃらし、食べれないよ。
だけど子供達よ、タンポポの葉も、オオバコも食べれるのじゃ
巷には、食べれるものがたくさんあるのだ、
春先に行った公園には山椒が生えていて
母は歓喜したでしょう。

と、書きながら本当に小さい庭先にミョウガがあったことを思い出した。
今頃できているはず。。。

正直なところ、この2、3年は
植物を育てる余裕がなかったので、
今年は庭の山椒で山椒味噌を作ったり、
ロケットやバジルやミントを鉢植えで楽しんだりすることができて
とても嬉しく思っているのです。

加えて、店先の狭い狭い痩せた土の部分に植えたラベンダーも
しっかり根付いてくれて
娘は、それをたいそう気に入って
この前はラベンダーを1本握って寝ていました。
そう、良い香りは心を落ち着かせることを
子供の方が理屈抜きに知っています。

話は変わりますが
先日数年ぶりにプールに行ったら
もう、女子高校生の水着姿の眩しいこと。

授業で日焼けした水着の跡とは重ならない
ビキニ姿の水着を着て
ツヤツヤした黒髪が濡れて、
濃い眉毛に意思の強そうな瞳で
血色のいい唇で
もう、あのパンチ力ったら

あんな瞬間を持ってるときってあったんだろうか?
あれは選ばれし人のみだろうか。
こんなこと言うと、偏見なのかもしれないけど
やっぱり女性は、美しさがあるよね。
生命力溢れる美しさだけでなく
枯れゆく美しさも、いろんな美しさがある。
容姿だけでなく、佇まいや、考え方、生き方。。。
どの人にも美しさがあるし
もっと美しくなることもできるはずだから
年齢や、容姿を認めた上で
今の美しさを見つけて、もっと磨いてあげたいと。。。

そう思う一瞬でした。

 

 

 

 

 

_

先日、美容室JAVAさんにて、新月のワーク「スピリットに響くアロマテラピー」を行いました。

総勢7名の方にご参加いただきました。ありがとうございます。

私も初めて行う、夜のワークショップ。それだけに夜ということを生かしたいと思いました。

キャンドルの中精油の名前を言わず、ただ香りを楽しむ。

8種類の精油が手のひらに落ちていきました。

どの精油が心に響くか、自問自答していただきながらの時間は、
とても密度がこく、良い時間だったように思います。

案外、普段は人気のない精油にみんな惹かれたりして面白いなあと思ったり。

8種類の香りを楽しんでいただいた後は、自分で選んだ精油でのオイル作り。
ワイワイと賑やかに行いました。

最後は、JAVAのひろみさんから、シフォンケーキをいただいて、さらに楽しいひと時に。

帰りがけには、ひろみさんからラベンダーのスティックのお土産付きで、
みなさん、心も胃袋も満たされたひと時になりました。

今回のワークショップは瞑想をしたくてシンギングボールを取り入れてみました。
シンギングボールの響きがざわざわする心を落ち着けてくれるようで、私もすっかり虜に。

ところで、新月には願いを叶えるパワーがあると言われているのをご存知ですか?
このタイミングに、自分がどうなりたいのか、どうしたいのか、を真剣に考えてみることで
「今の私」「未来の私」を考える良いきっかけ作りになりました。

温のお店では、夜のワークショップはできないけれど
また昼間のワークショップをやりたいなと思いました。

 

 

 

 

 

_

昨日、塩尻市男女共同参画課主催講座「自分を大切にすることから始まる、幸せ毎日の作り方」を行いました。

総勢17名の受講者の方々が来てくださり、楽しい2時間になりました。

受講者の方々も楽しんでいただけたでしょうか。アンケートでは、嬉しいお言葉をたくさんいただいて満足してくださったように思います。

今回は、まず臨床心理士の上間さんが、自分を大切にするにはーということでお話をしてくださいました。

★上間さんのブログはこちらから

★上間さんのメルマガ 「7日間 無料メール講座 『自分軸』をはぐくむ方法 ~自分を大事に尊重して、自分も子どもも幸せに♡~」はこちらから

聡明で可愛らしい、2児の母でもある臨床心理士の上間春江さん

(ちなみに今回のチラシで顔写真をだしたのですが

この爽やかさに対抗するために、私かなり昔の写真を使ったことをここに告白します。

常連のお客様に、「これ、若くない?」と気づかれたのも事実です)

 

 

 

自己否定することで、どんどん心に蓋をしてしまうことの苦しさ、

そして自己否定することで、周りの人間関係も自分を責める人たちが集まってしまうことなど、を教えてくださいました。

自分の心がすこしずつでも変わっていくことが必要なんですね。

後半は、5種類の精油から選んでもらってセルフマッサージ用のオイルをつくり、セルフハンドマッサージを行いました。

自分の手を愛おしいと感じた、自分の手が頑張っているんだなと感じた、ゆっくりと言われたけど、どうしてもゆっくりとできなかった、などと様々な感想をいただきました。

ゆっくりとできなかった、というのはよくわかります。

でもそれに気づいたのも良かったことかな、と思います。

次回はもっと、こちらとしても工夫して伝えられたらと思います。

 

そう、次回がどうもできそうなのです。嬉しいことに!

はっきりしたら、またご報告させていただきます。

(おおよそですが、8月下旬、10月中旬、12月上旬、1月下旬、3月上旬)

 

 

今回、塩尻市の男女共同参画課主催ということで、女性のための企画でした。

そもそも「自分を大切にすることの大切さ」をつたえたい、と玉川と上間さんの共同企画を、塩尻市で賛同いただいて市主催になったのです。

 

30−50代の女性の悩みは、子どものこと、夫のこと、親のこと、仕事のこと、介護、看護、周りの人間関係など様々だと思いますが、多くは自分次第でなんとかなるわけではありません。

子どもはすぐには成長しないし、夫が変化することは宝くじよりも難しいことかもしれませんし、親や義両親との関係は嫌でもやめるわけにはいきません。仕事、介護、看護、人間関係も相手に変わることを求めても、無駄なだけです。

だからこそ、自分自身が心のありようを変えて、受け入れて、そのうえですこし強くなることしかないのかもしれません。

強くなる、というと語弊があるかもしれませんが、

嫌なことを真正面から受け止めず、流せるようになる、とか

自分自身の時間をちゃんと持って、自分のことを大切にする、とか

苦手なことは捨てることを選ぶ、とか

書くと簡単ですが、

選択できる様々なことに対して、できるだけ自分を犠牲にしない、どこか逃げ道をつくる、と自分の行動を考えて判断することはとても大切なんだろうなと思いました。

今、このブログを書いている最中も、子どもは椅子に乗っかってくるし、腕のロープ と言ってぶら下がってくるし、今はまさに一人は肩に乗って一人はキーボードをうつ腕に乗って遊んでいる。

強くならなければ。。。(かまってほしいのよね、というわけで時間切れ。読んでくださってありがとうございました。)

 

 

 

 

 

_

こんにちは。温の玉川です。

今日で6月も終わり。今年も前半が終わろうとしています。

前のブログを読み返してみたら、新年に「一日一生」と書いてありました。

今そんな風に、暮らしているか?。。。

慌ただしく通り過ぎて、丁寧に暮らしているとはとてもいえないかも。

 

昨日だって、子供が夜熱をだして、まず最初に

(あ、やらなくちゃいけない仕事、やりたい仕事ができない)

と思ってしまった。世のお母さんはどうでしょうか。

 

でも、先日も女性との話の中で

子供が熱をだしたりして、仕事を休まなくてはいけないのはいつも女性で、

会社の理解もあるけれども、急に休むのはいつも本当に心苦しい。

一方で女性の多くは育児を優先にしたい気持ちもあって、

雇用形態も休みやすい契約社員やパートを選びがちである。

そうすると、夫と給与の差がでてしまい、

ますます子供のために、仕事を休むのは女性になりがちだ。

 

という、もやもやについて話が盛り上がった。

 

こういうことはどの家庭にもあると思う。

なぜって、どちらか一方が子育てに注力する方がたぶん効率的だからだ。

だけど、これだと男性も女性も苦しいと思う。

(だし本当に効率的なのかな?)

男性だって、仕事さえしてくればいいんだよ、みたいな感じだと苦しくないか?

 

女性だけでなく、男性が子供のために急に休むことが当たり前の社会の方が

男性も女性も子供がいる人もいない人も働きやすい社会になるでしょう。

子供じゃなくても、パートナーの看護で、親の介護で仕事が思うようにできないこともある。

そういうときに、男女関係なく、みんなでフォローしあえればいいよね。

 

でも少しずつ良くなるのではないか、という楽観的な見方も持っています。

10年前は、男性がおんぶ紐や抱っこ紐で子供を背負っている人なんて、ほとんどいなかった。

今は、それが当たり前になっている。

我が家だって、子供が生まれた当時より、4年たった今の方が

夫の家事スペックは確実にあがっている。

なんてことを思いながら、朝子供が熱が下がったことをいいことに

幼稚園にさっさと送り出した私でした。

 

 

話は変わって、昨日子供の頭皮を見ていたら、

なんだか油の塊みたいなのが頭皮にくっついている。

フケが固まった感じ。。

このところ、自分でできるようになったのもあって放っておいてしまった。

 

慌てて、ローズマリーシネオール入りのホホバオイルで

頭皮をマッサージして、念入りにブラッシング。

そのあとは、ヘナシャンプーでシャンプーしてすっきり。

きれいな頭皮になりました。

 

ローズマリーシネオールは、脂ぎった皮脂のスキンケアやヘアケアに

よく使う精油です。

スーッとした優しい香りも気持ちいい。集中力を高めるハーブとしても人気です。

ヘナシャンプーは、お店においてある人気のヘナ、

森田要さんが作ったシャンプーです。

でも、高いの。だから、お店においてあるけれど、一主婦の私としては

積極的に薦めるのは気がひける面もあるという、なんとなく難しい商品です。

でも久しぶりに使うとやっぱりいいなぁ。

髪が、というより頭が軽くなる感じ。髪もサラサラ。

なんとも快適な状態です。

使うシャンプーの量は少なくても大丈夫だし。

やっぱり、お薦めしようかな。。。

 

 

 

ヘナシャンプーはネットショップでも購入ができます。

エコロジーショップ ヘナシャンプー

 

 

 

 

 

_