随分のご無沙汰。玉川です。

 

GWも終わって、令和になって、もう5月も終わろうとしているのにね。

 

なんだか、エネルギーが充電できていない感じでGWに突入して、エネルギーが充電できたんだかできてないんだかの状態ですごしてました。

 

深呼吸できない感じ。日常生活はできているんだけど。

 

だけど、よーやく、100%元気になった感じなので、ブログ書こうかな!と思いました。

 

(サボってた。ということなんだな。でもそれもOKにしてる)

 

100%元気になってきて、ようやく精油達のエネルギーを受け取れるような気がしております。

 

精油は使っていたんだけど、正直、体に入っていない感じがあったので。

 

時間はかかったけれど、戻ってこれて良かったな。

 

先日、萩尾エリ子先生の講演会にも行けたのも良かった。

 

エリ子先生は、やっぱりロックだな。あの人に教われて幸せ。

 

 

さて。

 

先日、個人的なことなのですが、気が付いたことがあったのです。

 

私は「人を失うことにすごく恐怖を覚えている」ということに気が付いたんですね。

 

で、その恐怖はあまりにも大きいので、自覚しないように脳がしていて、意識上では、

 

「人はいつか別れるものだ」

「人に執着してはいけない」

「人に依存してはいけない」

「私は私」

「友達はいなくてもいい」

「人付きあいはほどほどに」

「家族でも一人一人は他人」

 

みたいな、ことに変換して、「一人になること」「一人であること」にフォーカスしてたの。

 

 

だけど、「人を失うことにすごく恐怖を覚えている」ことと、「人はいつか別れる」とか「人付き合いはほどほどに」みたいなことは別問題なんですよね。

 

人に執着はしないし、依存もしないし、家族でも他人の集まりでそれを尊重するけれども、

 

それとは別に、

 

人を失うことが寂しくて」「だから、目の前の人が本当に愛おしい

 

ということに気が付いたんです。

 

当たり前のことなのにね!バカみたい。

 

子供だって分かることを分かっていなかった。

 

子供がよく言ってくれる言葉に「ママ、だーい好き」「もうちょっと、一緒に居ようよ」(多分、もう、あと1年もすれば言わなくなる言葉ですが)があります。

 

そんな風に、「目の前の人が本当に愛おしい」ことを自覚することとか、直視することとか、愛おしさを伝えることを、私は拒絶していたんだな。

 

したとしても、正面から見ていなかったし、心から伝えていなかった。

 

だって、それを失うのが本当に怖かったから。

 

で、そうするとどうなるかと言うと、無意識の願いを自覚していないから、目の前にいる人との時間を大事にしなくなってしまう。

 

大事なものでない、と思うことで、いつか失う、と言う恐怖感を拭おうとしていたんだな。

 

人は人だし、いつかは別れるし、子供でも別人格の人だし、友達も波長が合わなければ別れることもあるんだけれども、それを受け入れた上で、「私は目の前の人が本当に愛おしいし、大切にしたい」「だから、この時間を瞬間を大切にしよう」

 

ということが、ようやく、ようやくですよ、腑に落ちたわけです。

 

ああ、人生って単純なんだか、難しいんだか。

 

大人になって、まだ、こんなことに気づけないなんてね。

 

子供の方が天才だ。

 

でも、こうやって、一つ一つが自分のこととして腑におちていくことが大切。

 

特に、考えることが苦手な私にとっては、こういう気づきがなかなかできない。

 

 

で、どうして、こんなことに気が付いたのかというと、

 

子供が寝静まってから、夫が帰るまでの時間、の私1人の時間。

 

本来は、リラックスできるひとときのはずなのに、いつもこの時間になると、異様な食欲が湧いてきて、

 

食べたくないものまで食べたりしていたんですね、恥ずかしいほど。

 

で、本来は、幸せなひとときのはずなのに、どうして私は食欲で何を満たそうとしているんだろうと、

 

ずっと、考えていたわけです。

 

でも、答えが見つからなかった。で、昨日、ふと、思った。「一人の時間が怖いのではないか」と。

 

そうしたら、スルスルと脳から考えや思いが出てきて、結論に結びついたわけです。

 

で、「今この瞬間が愛おしい」と思ったら、分かったら、なんだか全てが満たされた。

 

 

というわけで、私語りでした、失礼しました。

 

 

そういえば、この間、お客様に

 

昔書いてた妄想ブログよかったんだけど、もう書かないの?

 

って言われたので。

 

 

「僕たちは、一緒に寝ないのが不思議なくらい、相性がいいのにね」

 

ってうたた寝しているときに囁かれて、頭撫でられた、

 

という程で、

 

自分で頭撫でてみてください、

 

最高です。

 

というわけで。

 

 

ではー!!