左から、オレンジ、ダークブラウン、ディープチェスナット

 

ヘナの新商品が出たことは以前お伝えしましたが、

「新しいヘナが出て語らずにはいられようか」

新商品のヘナについて、以下のようなお問い合わせがありました。

「ダークブラウンを使ったところ、白髪部分に茶色の色が入りにくいんだけど…」

 

!!

使い方を伺ってみても、間違った使い方はしておらず…

でも私もダークブラウンを使った時に白髪部分が、黄色っぽい感じがしていたのですが、

私のことだから、染めムラが出たのかなと思っていたのです。

既にオレンジが入っているところには、しっかりと茶色が入りました。

なので、黄色ー茶色みたいな髪のグラデーションが出て、それはそれで気に入っていたのですが、

これは染めムラではなかったのか。

 

というわけで、

製造元のラクシュミーに問い合わせたところ、森田先生から直々に返答をいただきました。

簡潔に書きますと、

・特に髪質がしっかりしている方は色が入りにくい

・白髪部分は、染まっていないのではなく青色が入っている(青くはみえません)

・解決策としては、オレンジとダークブラウン、またはディープチェスナットを交互に使うことで、

濃い茶色の髪色に変わってくる

とのことでした。

 

最初から、ダークブラウンやディープチェスナットでしっかり染まったほうが楽だとは思いますが、

オレンジのトリートメント効果も高いので、交互に使えばより良いと思います。

 

また、ダークブラウンかディープチェスナットで迷っている場合は、

まずはダークブラウンをお試しいただいた方が良いかもしれません。

それで、物足りなかったら、ディープチェスナットを検討して見てください。

ディープチェスナットは、本当に黒髪に近い状態になります。

 

これから梅雨に入ると、髪がうねる、まとまらない、とお悩みの方は

ヘナを是非試していただきたいと思います。