ぬっく店長の日々

優しい雨が降っている

更新日:


優しい雨が降っている。

22の頃、一人で旅行をしたことを思い出す。東北は、大抵が雨だった、一人電車に揺られてこれからのことを考えていた。
決断しなければいけないことがあって、自分の残酷さと折り合いがつけれなくて、逃げるように日常から離れたのだった。

あの頃に比べれば、今は遥かに生きやすい。生きやすいけれど、揺さぶられるような感情の振り幅はどんどんなくなっていく。

雨が降ると、昔の繊細な感情の記憶が呼び戻されるような気がする。けれどそれは遠い、懐かしさだけが引き波のように残る。
それでも今は悪くない。引き換えに、寛容さを手に入れて、許すことを覚えた。

今日も人のこぼれるような優しさを受けて、どうして良いか分からないくらい嬉しかった。
人に優しくされた私は、今度は隣の人に優しさを届ける。そんな1日だった。

あなたにも、優しい雨が降っています、きっと。

-ぬっく店長の日々

Copyright© 長野県塩尻市 アロマテラピー、ハーブの販売専門店【温(ぬっく)】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.