臨時休業が頻発しております、ごめんなさい。

 

今週2回、来週2回、ある学校で生徒の方を対象にアロマ体験をしてもらっています。

 

香りについて、言葉で伝えることができない生徒たちに、アロマ体験を通して、それぞれオリジナルのトリートメントオイルを作ることになっています。

 

私自身、初めてのことも多く勉強させてもらっている感じ。

 

精油、と言っても子どもには分からないだろうから、

 

毎回、精油の元になる植物や果実を持っていって、臭いを嗅いでもらっています。

 

言葉にはならなくても、鼻をうんと近づける子、言葉が出る子、表情が変わる子、様々な反応を見せてくれます。

 

その後は、精油を使ったハンドトリートメントを。

 

今回は3種類の香りを持っていきましたが、それぞれのみんなの反応が違って面白い。

 

先生方も、それぞれの香りに反応する生徒さんをしっかりと見てくださって、子供たちがどれが好きかを判断してくれます。

 

肌に触れられる方が好きな子ども、嫌いな子ども、初めて来た私を受け入れる子ども、受け入れない子ども、様々です。

 

そりゃそうだ、初めて来たどっかのおばさんに、いきなり触られたら、不安になるよね。

 

4回しかないけれど、少しずつ香りに、触れることに慣れてくれたらいいな、と思っています。

 

けれども、香りに関しては、みんな喜んでいてくれたんじゃないだろうか。

 

トリートメントしている時の、生徒の表情や脈拍、体温の変化に気が付いてくださって、驚いているのは先生たちです。

 

もともと、このクラスの先生が以前からお店に来てくださっていて、ブレンドオイルを作って、授業の中で取り入れてくださっていました。

 

そのため、生徒たちが香りが好きだということは先生たちはご存知でしたが、

香りの違いによって、表情に変化がおきたり、体の動きが落ち着いたり、逆に動き出したり、という変化がでることは、先生たちにとって驚きだったようです。

 

来週は、子供たちそれぞれに好きだと感じてくれた精油でトリートメントオイルを作って持っていきます。

そして、親の参観日にあわせて、親子でトリートメントをする時間を楽しみます。

 

わずかな時間ですが、みんなが楽しめるひとときになるように。